事業再構築補助金を活用し、最新マシニングを導入しました【ヤマザキマザック製VTC-530/20】石原精工

この度、事業再構築補助金を活用し、最新のマシニングセンターを導入しました。

 

台湾のTSMCが熊本県に工場を建設し、日本の半導体メーカーであるラピダスが

北海道に半導体工場を建設中と国内半導体市場が盛り上がっています。

 

半導体工場に設備投資される半導体製造装置の市場も拡大傾向であることから、

弊社では事業計画書を作成し、事業再構築補助金に申請・採択され、この度、

新たな取り組みとして、最新マシニングセンターを導入し、

半導体製造装置向けのアルミ部品加工を開始しました。

 

 

今回導入した加工機の

  1. スペック
  2. 特徴
  3. どんなことが出来るのか?

についてご紹介いたします。

 

加工機のスペック

 

 

メーカー ヤマザキマザック(株)
型式 VTC-530/20
CNC装置 MAZATROL SmoothG 搭載
主軸形状 BT40
最高回転数 12,000 min-1
移動量 X軸(1950mm) Y軸(530mm) Z軸(510mm)
ATC 30本
送り速度 早送り速度:42000mm/min 切削送り速度:1mm/min~8000mm/min

 

 

特徴

 

  • アルミ形材やアルミ板材の手のひらサイズから長さ1.8mまでの長尺加工が可能
  • テーブル固定の主軸移動方式のため、長尺加工から小物の多数個取りなど、作業性良好。
  • アングルヘッドで長尺材の小口面加工が可能
  • 最新CNC装置のMAZATROL SmoothG搭載で高効率加工を実現
  • オプション機能:主軸多点オリエントを搭載し、主軸角度を1°単位で位置決めした加工が可能。
  • プログラム数を960個に拡大し、多品種少量生産に対応。

 

メーカー動画↓

 

 

 

どんなことが出来る?

対象となる材料は、

さまざまなアルミ形材、たとえば

  • アルミアングル
  • アルミフラットバー(FB)
  • アルミ角パイプ
  • アルミ丸パイプ
  • アルミチャンネル
  • アルミCチャンネル
  • アルミT,Z,H型バー
  • アルミフレーム
  • その他汎用形材
  • オリジナルの専用形材

など。

また、A5052などのアルミ板材に以下のような加工が出来ます。

※長さ1.8Mまでは問題なく加工出来ます♪

 

  • 穴加工

 

  • タップ加工(めねじ加工)

 

  • 切り欠き加工

 

  • 切削加工

 

 

 

  • アルミ形材やアルミ板材(手の平サイズから1.8Mまで)に穴あけやタップ加工、切削加工がしたい
  • 長尺アルミ形材の小口面に切削加工・タップ加工がしたい

 

など、アルミ形材・板材の加工業者をお探しでしたら弊社までぜひお問合せください。

 

弊社では、最適な加工方法でのお見積りをさせていただきます!

 

お問合せは こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. この度、事業再構築補助金を活用し、最新のマシニングセンターを導入しました。
  2. お客様からのアルミ形材切断依頼のご要望が多く、現状の弊社設備では生産能力に限界があったため、...
  3. アルミアングル、フラットバー、チャンネルなどの汎用材からオリジナル断面など、アルミ形...

カテゴリー