自社製バリ取り機を導入しました。アルミフレーム・形材のバリ取りは石原精工にお任せ下さい。

自社製バリ取り機のご紹介です。

 

弊社では、アルミフレーム・アルミ形材の切断面のバリ取りは

今まで手作業で行ってきました。

複雑な断面形状ですと、手作業では作業者によって品質・作業効率に

バラつきが発生し、課題となっておりました。

 

そこで誰でも安定した品質で、高効率に作業できるバリ取り機

自社で製作し、この度導入しました。

 

自社製バリ取り機を使用し、アルミフレームをバリ取りした

ものが以下のものとなります。

 

 

左側のバリ取り前の状態でもエッジは比較的バリがなく、

機能上問題ないように見えます。しかし、

人が素手で直接さわる可能性がある 場合などは、

ケガの恐れがあるためバリ取りが必要になります。

そこでバリ取り機によりバリ取りをしたものが右側の

アルミフレームとなります。

きれいにエッジが丸まり、素手で触っても問題が

ないようにバリ取り出来ております。

 

アルミフレーム・形材の切断面バリ取りは、

バリ取り機を導入することで、

 

  • 高効率な作業によりコストダウンが見込める
  • 手作業ではないため品質が安定する

 

このようなメリットが期待できます。

ぜひ、アルミフレームの切断・バリ取りは石原精工までお問合せください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。