【アルミ形材】切断面の仕上がりについて

(有)石原精工にて、アルミ押出形材を切断した場合、

切断面の仕上がりはどの程度なのか?

画像を用いて紹介します。

(画像は随時更新予定)

 

切断面の仕上がり例

アルミアングル(オリジナル形材)

素材:A6063S-T5

ワークサイズ:断面(mm):62 x 62 x 厚10 切断寸法(mm):65mm

 

 

 

アルミFB

素材:A6063S-T5

ワークサイズ:断面(mm):幅30 x 厚3 切断寸法(mm):1,000mm

 

 

 

アルミアングル(オリジナル形材)

素材:A6063S-T5

ワークサイズ:断面(mm):300 x 100 x 厚13 切断寸法(mm):400~2,500mm

 

 

 

その他随時更新します。

リクエストの断面・L寸法などあればお問合せ下さい。

 

L寸法は切断仕上げがコストダウンになります。

アルミ押出形材の製品は

 

  • L寸法を切断仕上げにするか
  • 切断後フライス仕上げにするか 

 

加工単価が大きく変わります

(当然ながら、切断後フライス仕上げは工程が増えるためコスト↑)

  • 切断寸法に高精度の公差が必要ない
  • 切断面は隠れてしまう
  • 余り美観を必要としない

などの場合は切断仕上げにすることでコストダウンを図れます。

 

アルミ形材の切断についてのご相談は弊社にお問合せ下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 以前より倉庫として使用していた建物をアルミ切断機と組立設備を導入し、第二工場として稼働を開始...
  2. アルミ形材の切断能力増強のため、フジ産業製の切断機FC-500を導入しました。
  3. アルミ建築金物・金具を加工出来る業者をお探しですか?本ページではアルミ形...

カテゴリー