【アルミ押出し形材加工の外注化】協力工場・下請け工場をお探し、お困りなら【有限会社石原精工】

  • 2019.6.5

アルミ押出し形材を使用して製品を作る場合、

切断・穴あけ・切削(切り欠き)・タップ・角度切りなどの【加工】が必要になります。

そういった【加工】に特化し、専門業者として営業しているのが有限会社石原精工です。

アルミ形材加工の外注化や協力工場・下請け工場をお探し、お困りの際は弊社までお問合せ下さい。

 

弊社と親和性のある企業様

どのような事業内容の企業様が弊社と親和性があるのか

 

弊社を利用するメリットがあると考える企業様

  • 設計、商品・製品開発
  • サプライヤー
  • 同業の加工メーカー
  • 材料メーカー

 

設計、商品・製品開発

設計や商品・製品開発に特化した企業様ですと、アルミ押出し形材を

加工する設備を保有していないケースがあります。

商品・製品開発や設計は社内でやるけど加工は外注化したい

とお考えの方は弊社をご利用下さい。

弊社はアルミ押出し形材の加工に特化することで、QCDの最適化をご提案致します。

※QCD:Quallity、Cost、Delivery(品質、価格、納期)

 

 

サプライヤー

メーカー様より商品製造を請け負っているサプライヤー様は

組立は社内でやるけど、加工は外注に出したい

と考えるケースがあります。

そのような場合は弊社を下請け工場として利用する価値があると考えております。

 

 

同業の加工メーカー

部品加工を専門としている加工業者様で

  • 旋盤加工の設備しかないからフライス加工は断っている
  • フライス加工はやっているがアルミ形材は得意でない
  • 繁忙期のため社内では対応出来ない
  • 曲げ加工が得意なので、フライス加工は外注化したい
  • 長尺材のため社内の設備で対応出来ない

などでお悩みではないでしょうか?

そんな時に弊社を協力工場として利用する価値が

生まれると考えております。

 

 

材料メーカー

最近は材料メーカー様もユーザー様より

材料から加工までやってくれない?

といった依頼も多いのではないでしょうか。

 

【加工】という付加価値を付けることで

他企業と差別化したいとお考えの材料メーカー様は

弊社までお問合せ下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。